肌を思いやった生活

肌が持つ防護機能で潤いを守ろうと肌は頑張り続けているのですが、
その大事な機能は加齢に影響され徐々に低下するので、スキンケアでの保湿から不足分を追加してあげることが重要です。

皮膚表面にある表皮には、硬いタンパク質で形成された角質層と呼ばれる膜が覆うような形で存在しています。
この角質層を構成する細胞同士の隙間を満たしているのが「セラミド」と称されるスフィンゴ脂質という特殊な脂質の一つです。

手厚い保湿によって肌の様子を健全なものにすることで、紫外線の吸収を制御し、
乾燥から起こる様々な肌問題や、更にはニキビの跡が薄茶色の色素沈着を誘発するのを予め抑止することに繋がるのです。
加齢の影響で、ここで保持されていた均衡が変化し、分解活動の方が増加することになります。