ワキガを悪化させる要因について

ワキガのにおいには度合があります。においが強い人もいれば弱い人もいるでしょう。

これはもともとのアポクリン汗腺の量によって違います。
しかしもともとはそこまで強くないワキガの人でも、さまざまな要因でワキガが悪化してしまう可能性があります。
もちろんもともと強いワキガの人の香りがさらに悪化してしまう場合もあるでしょう。
たとえば、食生活が乱れているとワキガのにおいは悪化します。
ワキガは肉類を多く食べていたり油分過多、高カロリーな食生活を続けていると悪化するといわれています。
カレーなどの香辛料を多く含む食生活でもお勧めしません。
ワキガが気になる人は緑黄色野菜などを意識して食べるようにしましょう。
ホルモンバランスが不安定だとにおいが強くなるともいわれています。
ホルモンバランスが乱れていると乾燥肌になりやすくなり、肌が乾燥するとアポクリン汗腺が活発に動くようになるためワキガも悪化するのです。
ほかにもストレスが原因でワキガが悪化したり、ナイロンやポリエステル素材の洋服を着ているとにおいが強くなるといわれています。

ワキガ 臭い